障がい者に関する事業

地域活動支援センター事業(見附市からの委託事業)

障がいなどにより就労などが難しい方の日中活動の場として、創作的活動や社会との交流の機会等を提供しています。当事者同士、また、地域住民やボランティアなどと様々な活動を通して、生活にやりがいを感じることができるよう、障がい者の自立した生活を支援しています。

地域活動支援センターあじさい
住所 見附市本町2-9-10
TEL(FAX) 0258-63-0187
開館日時 月~金曜日、土日祝日の1・6市の日 午前9時~午後4時

地域活動支援センターあじさいの活動内容について

日常生活自立支援事業

知的障がいや精神障がいの方に対して、地域で安心して生活していただけるよう、日常生活上のお手伝いを行っています。

支援内容等
福祉サービスの
利用のお手伝い
福祉サービスを利用したり、やめたりする際の手続き
日常生活に必要なお金の出し入れのお手伝い 預金の払戻しや預入れ、税金、医療費、公共料金等の支払い
書類等の預かり 通帳、はんこ、年金証書、契約書類等
利用料金 契約前までの相談は無料です。契約後のお手伝いに対して、1時間1,200円(以降30分ごとに400円)かかります。この他にお手伝いする生活支援員の交通費がかかります。

※新潟県社会福祉協議会 - 日常生活自立支援事業のご案内(外部リンク)

紙おむつ券給付事業(見附市からの委託事業)

下記の要件に該当する在宅の方で、常時紙おむつを使用している方に紙おむつ券を給付します。

給付要件等 特別障がい者手当及び障がい児福祉手当の受給者並びに特別児童扶養手当1級支給対象児童 年額20,000 円
対象品目 紙おむつ、尿取りパット、防水シーツ、おしり拭き、使い捨て手袋

紙おむつ給付券取扱店一覧(PDF)(87.2KBytes)

要援護世帯除雪費助成事業

障がい者世帯等に対して、1冬期間2回まで除雪に要した費用の一部を助成します。地区の民生委員を窓口に申請をしていただきます。

助成内容 助成金は1回10,000円を限度とし、10,000円以内の場合は実費額となります。また所得に制限があります。

小型リフト付きバス貸出事業

車椅子使用者等を対象に、通院や外出等での利用を目的とした車両の貸出しを行っています。初回のみ登録料として3,000円を負担していただきます。(車両の燃料にBDFを使用)

※小型リフト付きバス使用要綱(PDF)

※小型リフト付きバス使用登録申請書ダウンロード(PDF)
※小型リフト付きバス使用登録申請書ダウンロード(Word)

プライベートサービス事業

音声訳CD

見附音声訳朋の会(音声訳ボランティア)の協力により、視覚障がい者に「社協だより」「広報見附」等を音声訳CDにして提供しています。併せて、希望に応じた書籍等の音声訳を行っています。

点字翻訳

めぐみ会(点訳ボランティア)の協力により、視覚障がい者に「広報見附」等の点訳を希望に応じて提供しています。

BDFの活用~就労移行支援事業所通所者支援事業~

見附市では、廃食用油(家庭用天ぷら油)を市内のスーパーなどに回収ボックスを設置し回収しています。回収された廃食用油は、障がい福祉サービス事業所みつけワークス(熱田町)にて軽油の代替燃料としてバイオディーゼル燃料(BDF)に精製し、CO2排出量を増加させない環境にやさしい燃料に生まれ変わっています。

当会では、環境への配慮と作業に取り組む障がいをお持ちの方への支援として、小型リフト付きバス貸出事業の車両の燃料として活用しています。

障がいをお持ちの方